フォト

SALogic のホームページ

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ゲストハウス兼開発室完成 | トップページ | 開発室にスピーカーとPC設置 »

2011年11月15日 (火)

ゲストハウスで音出し

11月13日(日)、ゲストハウス完成に託け、飲み仲間を集めて完成パーティー。

Img_2585600w450h

この部屋はゲストハウス兼オーディオ機器開発ルームです。オーディオ再生に使う予定は無かったので、薪ストーブが半端な位置に居座っているのですが、パーティーを盛り上げようと音を出したところ、そこそこの音が出てしまって部屋のレイアウト大幅変更です。

Picture111115b600w468h_2

<当初予定のレイアウト>

Picture0003a600w540h

<変更後レイアウト>

Picture0003b600w540h

石膏ボードに平衡壁ですから無策で出る音は碌でもない音。ゲストの手前SVパネルでチューンを実行し、そこそこの音になってしまったのが事の始まりです。

予期せぬ音が昔オーディオマニアの血を沸かしてしまい、飲み会終了後も試行を繰り返して翌朝完成したパネル配置が下記写真です。

Img_2586600w450h

幅が3.5間(6.3m)もあるので、さすがに幅いっぱいに使うとサウンドステージが間延びしてしまう。SVパネルで囲いを作ってステージを左に寄せ、ctパネルとspパネルでサウンドステージを作ると、毎度のことですが隙間に残る石膏ボードから腑抜けの音がする。

定石に従ってSVパネルの裏返しで反射音を整え、石膏ボードを少し残して解像度を上げています(ctパネルとspパネルの間には石膏ボードや壁紙程度の若干の吸音面が必要)。

部屋のコーナーのSVパネルはミッドバスの吸音用で、音場形成には無関係。部屋中どこに置いても良いし、ミッドバスのだぶつきが少ない部屋であれば不要。

以上にサイドパネルを加えてルームチューン完成です。

全く期待していなかった部屋から、EVAさんの部屋に類似したサウンドが聞こえるようになったので吃驚です。どちらも天井が3寸5分勾配なので、天井が共通項かもしれません。

Picture111115a600w385h

但し低音が弱いスピーカーによるチューニングなので、後日予定のD.Cube2HXを加えたときに状況が一変する可能性を残しています。(デモルームの地固めがストップしてしまうので、暫くお預け)

Nabasso02600w443h
http://www.salogic.com/home-select.files/home-8-sub.htm

部屋の形は3.5間x3.5間(24.5畳)の正方形で、天井高が3m~5.2m(3寸5分勾配)。石膏ボードの面積が大きいので、ヌケの良いサウンドステージを期待すると比例してパネルの設置量が増えます。

パネル配置の完成型はほぼ標準配置になりましたが、ざっくり調整した初期状態では、SPパネルに4連のSV1800が必要でした。調整の精度を上げた結果、標準的な2連のSPパネルに落ち着きました。

Img_0007122700w449h_3

■天井傾斜の最適値

事例が少ないこともあって天井の傾斜角度の最適値は不明です。otoさんの部屋は2寸勾配、これから作る32畳のデモルームも、otoさんの部屋の成功例に合わせて2寸勾配で設計しています。

otoさんの部屋の完成当時、音楽の表情が豊かで涙が溢れてしまうようなボーカルの説得力がありましたが、唯一高音域(7~8kHz)の響きが弱いという欠点(微々たるものですが)がありました。

その解消にとウレタンで天井を塗り上げた結果、高域不足は改善されたものの、楽器の背後に後退すべき残響音が天井に引き上げられてしまって音楽に没頭出来ません、そこで透けて見えるような布を梁に掛けて響きを引き下ろし(効果を弱めたスカラホール)、実音と背景音を重ねる工夫をしました。

ところでEVAさんの部屋の天井勾配は3寸5分、このゲストハウスも3寸5分勾配です。天井の仕上げは板張りの予定ですが現状全面石膏ボード。

従って天井から降り注ぐ高音域はotoさんの部屋より不足するはずなのに高音域の欠如感が全くありません。

また3mの高さより上に梁や束がたくさんあるのですが、天井からのカラーレーションも感じられません。3寸5分勾配の効果か? あるいは梁や束による初期反射音が石膏ボードの不具合を補っているのか?

改めて、EVAさんの部屋とゲストハウスの形状を比べると、

Picture111115a600w385h_2

Picture111115b600w468h_5

32畳デモルームの天井勾配、設計変更するかもしれません。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

« ゲストハウス兼開発室完成 | トップページ | 開発室にスピーカーとPC設置 »

ゲストハウス & 開発室」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。 otoです。
しばらく音なしの構えと思いきや! やっちまいましたね!! 機器はとにもかくにも、なんたってチューニングの神様ですから、それはそれは素晴らしい音でしょうね~。 とにかく何十年ぶりか知りませんが自宅でのご自身の音出し、心からお祝いと、更なる昇華を楽しみにしております。 その内お邪魔させていただきますね。

こんばんはー

楽しそうですねぇ
(顔写真の処理がIさんとこみたいです 笑)
どんな音楽をBGMにお仕事が今冬進むのでしょうか? ^^
いろいろ試して分かることが沢山ありますから、また完成が
後ろ倒しになりますね。
傾斜天井のお試しセットを作られたりして?!


EVAです、今晩は。
チョチョイのチョイ、で我が家と同じ雰囲気ですか。
この事実だけでもこれからオーディオルームを作ろうとされる方は村田さんにお願いするのが近道だと言うことが良く分かりますよね。
我が家は今の音になったのが苦節20年でやっとですから...。やんなってしまいますね。(爆)
如何に空間が大事で機材のウエートが低くても関係ないかが良く分かります。
傾斜天井は事例が少ないので更に良い角度があるかも知れませんね。4寸勾配でも良いかも知れません。
何れにしても天井が鍵とは面白いですね。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ゲストハウスで音出し:

« ゲストハウス兼開発室完成 | トップページ | 開発室にスピーカーとPC設置 »