フォト

SALogic のホームページ

2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« ゲストハウスで音出し | トップページ | 開発システムいよいよ始動 »

2011年12月13日 (火)

開発室にスピーカーとPC設置

ブックシェルフSPは設置環境で音がころころ変わります。初の音出しは不本意ながら大きなテーブルの上となりましたが、SPスタンドが完成して真っ当な姿になりました。

Img_02752600w469h

Img_07288600w350h_2

SPのバッフルはその面積が小さいほど自然な立体感を醸す能力が高く、従ってバッフルの延長とも言えるスタンドは正面から見た面積が小さいほどブックシェルフらしさが際立ちます。

天板寸法図

Spstand594w480h

油圧プレスで約1000㌧(110kg/c㎡ x 91cm x 91cm = 911㌧)の圧を掛けて端材のラーチ合板を接着し、

Img_02708600w450h

天板と床板に切り抜いて

Img_2714600w450h

Img_2718600w450h

セロテープで図面を貼り付け、ぴったり同じ長さに切ったホームセンターのSPF材を図面に合わせて挟み込み、

Img_2729600w450h

図面もろとも上下から木ネジで締め上げて図面の紙をカッターて切り抜き、浸透性のカラーレス塗装で木の表面を固めて出来上がり。

Img_2733600w450h_4

開発用のPC、ハンダ付けなどの工作台、休憩デッキ(パネルの節あり残材で作ったスノコ8枚、来客時は床に広げてベッドになる)、それとスピーカーで、24.5畳の部屋がいっぱいになり、薪ストーブが邪魔物になりました。

壁の断熱性能が高いので暖房はガスストーブと電気ストーブで間に合う模様。薪ストーブは撤去することになるでしょう。とりあえず壁際に移動して完成。

Img_07308600w398h

Img_07272600w400h

Img_07253600w420h

Img_07267600w400h

Img_07302600w400h_2

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

« ゲストハウスで音出し | トップページ | 開発システムいよいよ始動 »

ゲストハウス & 開発室」カテゴリの記事

コメント

村田さん、こんにちは!

LANケーブルの断線とは意外 (+_+)
1000トンもの圧をかけたスタンドはそうそう無いでしょうね(笑)
前足2本にするか前足1本にするかでまた音が違ってきそうです。

基礎固め、頑張ってください!

EVAです。おはようございます。
スタンドが出来たら音の佇まいはシャープになったでしょうね。
ドンドンレベルアップして楽しいでしょう。
これで充分なのでDSPドライブシステムの開発止~めた、何て言わないで下さいね。(爆)

おはようございます。otoです。
いろいろと忙しい中でも着々と出来ているのはさすが村田さん。
プレス圧着器でのスタンド制作、いいですね~。見た目でもオーディオぽっくなって、こんなシステムでもいい音を奏でていそうですね。
部屋も音抜けが良いのに断熱性能は万全とは・・・これも素晴らしい。

追加された画像で室内がよく分かりました。

本当にバラの鉢がたくさんですね。
趣味(仕事)でいっぱい。
カーテンが無いですから「男の隠れ家」とは行きませんね!

今夜もライブカメラに灯りが煌々と映っています

EVAです、おはようございます。
仕事が捗りそうな良い空間になりましたね。
外の作業が出来ない冬の間はBGMでも聴きながら開発に勤しんで下さい。
来春、何かが始まることを期待していす。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 開発室にスピーカーとPC設置:

« ゲストハウスで音出し | トップページ | 開発システムいよいよ始動 »