フォト

SALogic のホームページ

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ

« マトリックス13畳 / 13畳マトリックスキットのオーディオルーム | トップページ | 基礎完成、土台敷込み / 13畳マトリックスキットのオーディオルーム »

2014年11月20日 (木)

地盤改良と基礎工事 / 13畳マトリックスキットのオーディオルーム

クラフトホーム株式会社から写真入手しました。基礎の作り方は地盤の具合に大きく左右されるので、参考程度に見てください。

■2014.10.01 支持層までボーリング■

Dsc102_9

Dsc101_27

■2014.10.02 ボーリングした穴に砕石を圧入すると天然砕石パイル(支柱)ができる。

天然砕石パイルとは : 圧入した砕石の棒状の塊が建物を支える杭となる。天然砕石しか使わないため、〝土壌を汚さず〟将来の建て替えの際〝杭が産業廃棄物とならない〟のが最大の利点。http://krafthome.seesaa.net/article/406547469.html

本件では40本のパイルが深基礎を支える。

Dsc102_18

■2014.10.18 根切り真っ最中■

根切りとは : 地盤面下の土砂、岩盤を掘削し、構造物をつくるための空間をつくること。

Dsc1018_16735w551h

■傾斜地なのでまず深基礎を作り、更に重ねてベタ基礎が打ち上がった■

Dsc116_8

深基礎は周囲の土止めと傾斜の補正。ダブル配筋。

Kh00_3

深基礎の中空部分も含め、ベタ基礎の生コンで埋め尽くされた。

Kh02

■ベタ基礎に耐圧盤と立ち上がりの配筋■

Dsc09221735w551h

Dsc09255

Dsc09262735w551h

Dsc09272735w551h_2

■2014.11.10 第三者機関による鉄筋検査

Photo_2

■2014.11.13 耐圧盤の生コン打ち■

Dsc09355735w551h

Kh03

耐圧盤と立ち上がりの型枠完成

Dsc1114_9735w551h

Kh04

木造住宅でここまで拘って基礎を作る工務店はまず無いでしょう。棟上から完成まで見届けていただくと更に吃驚だと思いますよ。デモルーム建築のパートナーに選んだ理由です。

/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

« マトリックス13畳 / 13畳マトリックスキットのオーディオルーム | トップページ | 基礎完成、土台敷込み / 13畳マトリックスキットのオーディオルーム »

13畳マトリックスキットのオーディオルーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« マトリックス13畳 / 13畳マトリックスキットのオーディオルーム | トップページ | 基礎完成、土台敷込み / 13畳マトリックスキットのオーディオルーム »