フォト

SALogic のホームページ

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« newSW2000D実用機の組み立て / DSPドライブ・サブウーファ | トップページ | SP測定・試聴システムの準備 / スピーカーシステムの測定・補正・試聴 »

2017年1月20日 (金)

newSW2000Dの測定 / DSPドライブ・サブウーファ

■newSW2000D測定

上田で30cmは珍しく大雪、チャンスとばかりに大自然の無響室を利用してサブウーファの測定を実施。

Img_7356700w511h_2

REWで測定

Sp03700w665h_2

測定の参考ページ http://blog.ipodlab.net/Entry/1017/

■8.SP前方44cm/Length256/同期加算なし

Rew0008

グラフ上が周波数特性(スケール左、SPL-Calibration未)、40Hz以下が理論値の12dB/octに近似して下降している。キャビネットはOK。

グラフ下が位相特性(スケール右)

F特、Φ特ともに素直なカーブなのでFIRフィルターによるフラット化は易々でしょう。サブウーファの完成を待って手順など解説します。

Img_p073

■測定結果(2方向、各3種類のマイク距離で周波数・位相特性を測定)

Micdistance560w552h

Rew022

1~5 Img_p081_2

■1.SP前方13cm/Length1024/同期加算なし

Rew001_2

■2.SP前方13cm/Length128/同期加算なし

Rew002_2

■3.SP前方13cm/Length128/同期加算4回(静寂環境なので加算なしと同特性)

Rew003_2

■4.SP前方13cm/Length256/同期加算なし

Rew004_2

■5.SP前方13cm/Length512/同期加算なし

Rew005_2

.マイク距離が近すぎて100Hz前後が盛り上がった模様。環境ノイズや反射音の影響を受けないので全部同じ特性になった。

6~11 Img_p081

■6.SP前方44cm/Length128/同期加算なし

Rew006_2

■7.SP前方44cm/Length128/同期加算4回

Rew007_2

.同期加算なしと4回で20Hz前後の特性が異なる。風の影響かも?

■8.SP前方44cm/Length256/同期加算なし

Rew008_3

■9.SP前方44cm/Length256/同期加算4回

Rew009_2

.同期加算なしと4回がほぼ同じ特性。40Hz以下の減衰角度が理論値の12dB/octに近いのと、40Hz以上が平坦に近いので、上記二つが本機の特性を表していると思われる。

.30cmの雪も低音の吸音材にはならない。今回の測定では地面からの反射音が最も大きく、リターン時間も短い。次回は雪が消えてから、ユニックでスピーカーとマイクロフォンを上空に釣り上げ、FIRの補正係数を作るための測定を行う予定。

■10.SP前方44cm/Length512/同期加算なし

Rew010_2

.Lengthの値が大きくなるとスイープ時間が長くなり、地面からの反射音が混ざり込んで測定値に影響が表れるのかも?

■11.SP前方44cm/Length1024/同期加算なし

Rew011_2

.Lengthが更に大きくなったので反射音の影響が大きくなったか? 風か?

12~17 Img_p081_3

SP前方80cmは反射音の影響大

 

■12.SP前方80cm/Length128/同期加算なし

Rew012

■13.SP前方80cm/Length128/同期加算4回(加算なしと同特性)

Rew013

■14.SP前方80cm/Length256/同期加算なし

Rew014

■15.SP前方80cm/Length256/同期加算4回(加算なしと若干異なる特性、風の影響か?)

Rew015

■16.SP前方80cm/Length512/同期加算なし(20Hzの乱れは風の影響か?)

Rew016

■17.SP前方80cm/Length1024/同期加算なし

Rew017

18~21 Img_p081_4

■18.キャビネット側方42cm/Length128/同期加算なし

Rew018

■19.キャビネット側方42cm/Length256/同期加算なし

Rew019

■20.キャビネット側方42cm/Length512/同期加算なし

Rew020

■21.キャビネット側方42cm/Length1024/同期加算なし

Rew021

22~25 Img_p081_5

■22.キャビネット側方16cm/Length128/同期加算なし

Rew022_2

.585Hzにスパイク状のディップがあり、位相も乱れている。原因はキャビネット共振。9mmのラーチ合板12枚積層した108mmのバッフルと、5枚積層した45mmの側面板で構成したキャビネットだが、軟弱合板のラーチ45mmでは強度が足りない。

■23.キャビネット側方16cm/Length256/同期加算なし

Rew023

■24.キャビネット側方16cm/Length512/同期加算なし

Rew024

■25.キャビネット側方16cm/Length1024/同期加算なし

Rew025

26~29 Img_p081_6

SP側方80cmは反射音の影響大

 

■26.キャビネット側方87cm/Length128/同期加算なし

Rew026

■27.キャビネット側方87cm/Length256/同期加算なし

Rew027

■28.キャビネット側方87cm/Length512/同期加算なし

Rew028

■29.キャビネット側方87cm/Length1024/同期加算なし

Rew029

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

« newSW2000D実用機の組み立て / DSPドライブ・サブウーファ | トップページ | SP測定・試聴システムの準備 / スピーカーシステムの測定・補正・試聴 »

DSPドライブ・サブウーファ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: newSW2000Dの測定 / DSPドライブ・サブウーファ:

« newSW2000D実用機の組み立て / DSPドライブ・サブウーファ | トップページ | SP測定・試聴システムの準備 / スピーカーシステムの測定・補正・試聴 »