フォト

SALogic のホームページ

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« newSW2000Dの測定 / DSPドライブ・サブウーファ | トップページ | SPシステム測定アプリ・REWの初期設定 / スピーカーシステムの測定・補正・試聴 »

2017年8月27日 (日)

SP測定・試聴システムの準備 / スピーカーシステムの測定・補正・試聴

ソフトウエアの準備(Windows)

 ■システム構成

1speaker
Img_p081

■オーディオインタフェース

Fireface_uc689w411h

Synthax JapanのサイトからWindowsドライバ(USB接続)をインストール。

https://synthax.jp/drivers-fireface-ucufx-windows.html

インストール手順に従えば迷うことはないでしょう。

https://synthax.jp/guide-windows-installer.html

Fireface_uc700w737h

Img_p081

■DSSF3

”シグナルジェネレータ”、”FTTアナライザ”、”インパルス応答” などの機能がある。無償利用期間1ヵ月。購入は11,800円。 "FFTアナライザ" でマルチウエイ・スピーカーシステムのクロスポイントの位相を合わせを行う。インパルス応答は残響時間の測定に使う。

http://www.ymec.com/products/dssf3/

Dssf3700w127h

Img_p081

■REW

スピーカーシステムの”周波数特性”と”位相特性”の計測。結果を”rePhase”に送ってFIRフィルターを制作する。

http://www.roomeqwizard.com/ を開き

Rew580w985h_2

Windows installer with JRE (30.5MB, includes private Java 8 runtime) をダウンロード。

注)Javaがインストール済であるとエラーになるようです。そのときは

Windows installer (15.1MB, requires separate Java 7 or 8 installation) をダウンロード。

”保存”で実行すると、PCのダウンロードフォルダーにREWのインストーラー ”REW_windows_5_18_with_JRE.exe" が入る。

クリックで実行すると、C:\Program Files\REW 内にroomeqwizard.exe が出来るので、これをクリック、またはデスクトップの"REW"アイコンをクリックすると、REWのホーム画面が開く。

Rew420w75h

注)2017.08.26現在 "V5.19のbetaバージョン" のダウンロード案内が出ますが"取消"でよいでしょう。

Rew888w278h

Img_p081

■rePhase

REWの計測結果をインポートして”周波数特性”と”位相特性”を補正するFIRフィルターの係数ファイルを作る。

https://sourceforge.net/projects/rephase/ を開き

Rephase594w401h

Download をクリックすると、PCのダウンロードフォルダーに "rePhase 1.2.0.Zip が入る。これをクリックして rePhase.exe を実行すると rePhase のホーム画面が開く。

Rephase

rePhase 1.2.0.Zip 内の rePhase.exe にはショートカットが作れないので、C:\Program Files (または C:\Program Files (X86))に rePhase フォルダーを作り、そこに rePhase.exe をコピー。

C:\Program Files\rePhase\rePhase.exe

rePhase.exe をマウスで右クリックしてデスクトップに rePhase.exe のショートカットを作る。

Rephase420w89h

Img_p081

■OpenDRC-AN

Stereo analog IN/OUT 仕様のDSPシステム。rePhase が生成したFIRフィルターの係数ファイルでスピーカーシステムの周波数と位相特性を補正する。

Opendrcan

http://jtesori.com/miniDSP/products/opendrc-an/

■OpenDRC 2x2 Plug-in

OpenDRC-AN のコンフィグレーションソフト。

Opendrc_2x2_plugin

http://jtesori.com/miniDSP/plug-ins/opendrc-plug-ins/

miniDSP 関連のサイトは、英文・日本文ページともに目的のページを見つけるのに一苦労します。備忘録としてPlug-in(ソフトウエア)関連をメモっておきます。

■・Microsoft .NET framework(Ver3.5以降)、・Adobe Flash、・Adobe Air

miniDSPプラグインのインストール前にインストールしておく必要があります。ネット上に「インストールの有無の確認」「インストールの方法」など記載があります。

■OpenDRC 2x2 Plug-in の購入とインストール

株式会社J.TESORI の"プラグインご購入方法"のページの手順に従い会員登録をし、ログインしてプラグインを選び・購入・インストールする。

<"プラグインご購入方法"のページ>

http://jtesori.com/miniDSP/plug-ins/htb_plug-ins/

<miniDSP本国サイト>

https://www.minidsp.com/

●会員登録

画面右上の [Register] をクリック。

Minidspregister919568

必要情報を記入して [Register] をクリック。

以上でユーザー登録完了。

●ログイン

画面右上の [Login] をクリックし、Username と パスワードを入力してログイン。

●プラグイン一覧を開く

[PRODUCTS]  > [Audio plug-ins] > [OpenDRC/miniSHARC platforms] をクリック。

●プラグインを選ぶ

Plugin

[OPENDRC 2X2 PLUG-IN] をクリック。

●カートに入れる

[ADD TO CART] をクリック。

2

必要事項を入力し、[ Confirm Purchase ]をクリック。

画面に従って Paypal またはクレジットカードで支払いをする。

●ダウンロードするプラグインを選ぶ

ログインした状態で、画面右上のユーザー名をクリックし、ドロップダウンリストから [ User Download] をクリックする。

OpenDRC/miniSHARCplug-ins をクリックし、OpenDRC2X2 の [Download] をクリック、

Opendrc2x2_3

[保存]をクリック、[フォルダーを開く]をクリックする。

フォルダー内の "OpenDRC_2X2_205.zip" をダブルクリックして解凍し、"Windows" フォルダー内の "OpenDRC_2X2.exe" をダブルクリックしてインストールを実行する。

Opendrc2x2_2

インストールが成功するとデスクトップにショートカットが作られる。

Opendrc2x2420w77h

ショートカットをクリックすると openDRC2X2 のホーム画面が開く。

Opendrc2x2

以上で SW2000D 関連ソフトウエアの準備完了です。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

« newSW2000Dの測定 / DSPドライブ・サブウーファ | トップページ | SPシステム測定アプリ・REWの初期設定 / スピーカーシステムの測定・補正・試聴 »

スピーカーシステムの測定・補正・試聴」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« newSW2000Dの測定 / DSPドライブ・サブウーファ | トップページ | SPシステム測定アプリ・REWの初期設定 / スピーカーシステムの測定・補正・試聴 »