フォト

SALogic のホームページ

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« miniDSPにPL100の補正係数をインポート / スピーカーシステムの測定・補正・試聴 | トップページ | フラット位相のPL100を聴く / スピーカーシステムの測定・補正・試聴 »

2017年9月10日 (日)

フラット位相のPL100を測定 / スピーカーシステムの測定・補正・試聴

■rePhase が生成した FIR フィルターの係数ファイルを使って PL100 を測定

miniDSP は FIRフィルターの係数ファイルを4つセットできる(config 1, Config 2, Config 3, Config 4)。

Config 1 : rePhase が生成した PL100 の位相逆補正フィルター係数

Config 2 : 何もいじらずスルーパスする 入力 = 出力 のフィルター係数

Config 3 : フィルター係数なし

Config 4 : 自作アプリが生成した PL100 の位相逆補正フィルター係数

Img_p081

Img_7780700w72h

Img_7777700w517h

Photo

■miniDSP(Config 1) と PL100 をシリーズにつないでオーバーオールの特性を測定

Config 1

Config1800w528h

Pl100config126cm800w732h

rePhase の逆補正見事ですね。位相特性フラット、周波数特性変わらず。

■miniDSP(Config 2) と PL100 をシリーズにつないでオーバーオールの特性を測定

Config 2

Config2800w529h

係数ファイル bo = 1, b1~b6143 すべてが 0.0, なので 入力 = 出力(フラット)

Pl100config226cm2800w7332h

PL100 単体測定(miniDSP なし)と同じ周波数特性、同じ位相特性。

■miniDSP(Config 3) と PL100 をシリーズにつないでオーバーオールの特性を測定

Config 3

Config3800w528h

係数アイル b0~b6143 すべてが 0.0, なので音圧グラフ出ない 出力 = 0

■miniDSP(Config 4) と PL100 をシリーズにつないでオーバーオールの特性を測定

Config 4

Config4800w529h

自作アプリで作った係数ファイル。制作手順にミスがあり、4kHz以上が欠けてしまった。

Pl100config426cm800w736h

100~4kHzの位相は制御出来ている。

次回は聴感評価です。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

« miniDSPにPL100の補正係数をインポート / スピーカーシステムの測定・補正・試聴 | トップページ | フラット位相のPL100を聴く / スピーカーシステムの測定・補正・試聴 »

スピーカーシステムの測定・補正・試聴」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« miniDSPにPL100の補正係数をインポート / スピーカーシステムの測定・補正・試聴 | トップページ | フラット位相のPL100を聴く / スピーカーシステムの測定・補正・試聴 »