フォト

SALogic のホームページ

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« REWでSPシステムを測定 / スピーカーシステムの測定・補正・試聴 | トップページ | miniDSPにPL100の補正係数をインポート / スピーカーシステムの測定・補正・試聴 »

2017年9月 5日 (火)

rePhaseで位相補正 / スピーカーシステムの測定・補正・試聴

■rePhaseで逆補正

REWの測定結果を rePhase にインポートし、位相をフラットに補正して FIRフィルターの係数ファイルを作る。周波数特性はいじらない(PL100はいじる必要がない)。

位相のフラット化を聴覚がどのようにとらえるのか? 検証します。

Img_p081

■作業フォルダーを作る

ルートディレクトリの下に miniDSP フォルダーを作り、その中に MonitorAudio のフォルダーを作る。(日本語は禁止、rePhase でエラーが発生する)

C:miniDSP\MonitorAudio PL100-170831

Img_p081

■REW の測定結果をセーブする

条件を変えて測定した11種類すべてをSave。

Allsave700w567h

左上の[File] > [Save all measurementos] > [OK] > [MonitorAudio PL100-170831] > PL100-170831 > [保存]

Mdat700w566h

C:miniDSP\MonitorAudio PL100-170831\PL100-170831.mdat

[File] > [Exit] で一旦終了。

Img_p081

■rePhase にインポートするファイルを作る

[PL100-170831.mdat] をダブルクリックして REW 開く。

Open_rew700w566h

測定4を選ぶ。

Rew4700w567h

左上の[File] > [Export] > [Export Measurement as text] > [OK]

Save するフォルダーを選び

C:miniDSP\MonitorAudio PL100-170831\

ファイル名を決めて

PL100-170831-4

[保存]

Pl100txt700w563h

C:miniDSP\MonitorAudio PL100-170831\PL100-170831-4.txt

中身は、9.888Hz~19999.512Hz の Freq(Hz), SPL(dB), Phase(degrees) の値。但しSPL Meter 未キャリブレーションなので、SPLの数値は誤差分平行移動している(FIR の係数制作にSPL の絶対値は不要)。

Export_to_rephase700w592h

Img_p081

■rePhase にインポート

rePhase のショートカットをクリックして rePhase を開き

Rephase420w89h

左上の [File] [Import Measurement]

PL100-170831.txt を選んで [開く]でインポート。

Pl100txt_to_rephase900w522h

右下の Ranges にグラフ全体が見える数値を入れる

Pl100txt_to_rephase02900w518h

Pl100txt_to_rephase02242w209h

左下の Paragraphic Phase EQ をクリックし、フェーダーの形が REW の位相グラフの逆形状になるよう意識しつつ 10Hz~20kHz の位相を0度に整える。Paragraphic Gain EQ(周波数特性)はいじらない。

Phase_correction_by_rephase_01900w6

調整結果を一旦セーブ

左上の [File] [Save Settings As... ] [保存]

700w568h

PL100-170831-4.rephase

Img_p081

■miniDSP にインポートする係数データを作る

右下の Impulse Settings に下記を入れ

taps : 6144

rate : 48000

format : 32 bits IEEE-754 mono (bin)

file name : PL100-170831-4

directory : C:/miniDSP/Monitor Audio PL100-170831

Impulse_settings_01

[generate] クリック

To_minidsp700w569h

PL100-170831-4.bin が 6144TAP の係数ファイル。

miniDSP openDRC-AN、openDRC-DA、openDRC-DI で使える。

Opendrc_x3700w133h

Img_p081

●miniDSP 社製品の販売サイトを運営する (株)J.TESORI さん主催で FIR デザインツール”FIR Designer” のセミナーがあります。海外アプリは使い方を習得するのに多くの時間を要するので、半日で概要が分かるセミナーは貴重です。直線位相の FIR フィルターに興味のある方は参加をお勧めします(2017.10.11)。”FIR Designer” は使用経験がないので私も午前のセミナーにエントリーしました。

https://www.facebook.com/JTminiDSP/timeline?ref=page_internal

http://jtesori.com/miniDSP/minidsp_intromtg/

Img_p081

■今後の予定

1.miniDSP openDRC-DA, -AN, -DI で位相をフラットにした PL100 の音を検証。

2.SW2000D を REW で測定し、miniDSP 用の FIR係数ファイルを作る。再生帯域15Hz~60Hz程度の予定。

●以上で主要パーツの生産終了で修理不可能になった SW2000D、D.Cube2、の miniDSP による修理が可能になります。修理後の使い方も解説します。

3.再生帯域15Hz~4Hzのサブウーファを作る。 miniDSP の FIR 能力では 15Hz以下は制御できないので、miniDSP の IIR フィルターで製作する。この帯域はむしろ位相ズレがコンサート会場の雰囲気を作るので、IIR で問題なしでしょう。

4.ウーファー ~ ツイーター用のFIRフィルターを作り、マルチウエイ・スピーカーシステムを構築する。スコーカー以上はDACの性能が要求されるので、openDRC-DI にDAC外付けでしょう。

上記構成のマルチウエイSPは各帯域のminiDSP が非同期で動作します。非同期によりタイムアライメントがズレる可能性があるが、実用範囲に収まるのか? などを検証します。

実用範囲外との結論になれば、miniDSPを改造する(main-miniDSPを決め、サンプルレートコンバータ後のシステムクロックを分配する)か、同期して動くDSPボードを作る必要がある。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

« REWでSPシステムを測定 / スピーカーシステムの測定・補正・試聴 | トップページ | miniDSPにPL100の補正係数をインポート / スピーカーシステムの測定・補正・試聴 »

スピーカーシステムの測定・補正・試聴」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: rePhaseで位相補正 / スピーカーシステムの測定・補正・試聴:

« REWでSPシステムを測定 / スピーカーシステムの測定・補正・試聴 | トップページ | miniDSPにPL100の補正係数をインポート / スピーカーシステムの測定・補正・試聴 »