フォト

SALogic のホームページ

2021年9月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ

« 柱と壁の揺れをなくす / 平蔵さんのリスニングルーム | トップページ | 内装仕上げ / 平蔵さんのリスニングルーム »

2018年1月26日 (金)

低音域のみ吸音する / 平蔵さんのリスニングルーム

リスニングルーム建築の基本スタンス

1.周辺環境を考慮して必要な遮音性能を確保する 

2.フラッターエコーの発生を抑える

3.柱と壁の揺れをなくす

4.吸音は低音域のみとし、中高音域は吸音しない

リスニングルームの建築や改装は、上記4項目を達成して部屋が完成すれば成功間違いなしです。

オーディオ機器をセットしてから再生音をじっくり吟味し、オーナーの好みに合わせて低音の響き具合(吸音量)を調整する。中高音域の反射音の拡散方向とその量を最適化する。以上で完成です。

しかし建物の制約などから実現不可能な項目が恐らく発生するでしょう。そのときに次善の策になりえる代案をひねり出せるか否かがオーディオルームの成否を決定します。

では棟上げが済んだ平蔵さんのリスニングルームの<1>~<4>について瑕疵がないか検証です。

Img_p081

4.低音域のみ吸音する

広葉樹の銘木の枯渇による価格高騰で、リスニングルームの壁材に広葉樹の堅木が使われる可能性はあまり無いと思います。

リスニングルームを桧や松・杉などの針葉樹で内装すると、材自身の柔らかさが高音域を吸音してしまい、残響音の高音域が必要量に達しません。

従って建築設計の段階で中高音域の吸音を考慮する必要は全くありません。中音域の響きが若干多めに仕上がることがありますが、リスニングルーム完成後の音響調整で中音域の残響時間の短縮は自由にできます。

低音域の吸音は100Hz以下と100Hz以上に分けて対策します。STW1500パネルで100HZ以下の帯域の吸音が可能であり、SVEパネルで100Hz以上の帯域の吸音が可能なので、建築設計による低域吸音が必須ではありませんが、100Hz以下の響きの吸音を建築設計で済ませておくと大型の吸音パネルが不要になってスッキリ・スマートなリスニングルームに仕上がります。

本件では後ろの壁内に100Hz以下の吸音層を設けました。厚さがあり、縦方向に長く伸びるグラスウールが低音を吸音します。

2

中高音域が吸音されないよう、音の進入路を迷路化しました。

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

有限会社サーロジック販売 長野県上田市真田町傍陽9716 0268-73-2400 管理者:村田研治

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

« 柱と壁の揺れをなくす / 平蔵さんのリスニングルーム | トップページ | 内装仕上げ / 平蔵さんのリスニングルーム »

平蔵さんのリスニングルーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 低音域のみ吸音する / 平蔵さんのリスニングルーム:

« 柱と壁の揺れをなくす / 平蔵さんのリスニングルーム | トップページ | 内装仕上げ / 平蔵さんのリスニングルーム »